ご挨拶

一人ひとりの学生が、安心して充実した学生生活を送るために

後援会会長 井上 喜博
後援会会長 井上 喜博

 日頃より、後援会活動へのご理解とご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。令和元年度、後援会会長を務めさせていただくことになりました、井上喜博でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 後援会は、東京音楽大学及び大学院に通う学生の保護者の方々を会員とした組織であります。以下、皆さまを「会員さま」と呼ばせていただきます。

 今年度、後援会の組織は新しい理事6名を加え、理事20名、監事2名、顧問1名、計23名となりました。
会員の皆さまからお預かりしました貴重な「後援会費」を、学生のために有意義にかつ効果的に使えるよう、役員一同、問題意識のもとに議論を重ね、的確に事業の推進を行なってまいります。

 一人ひとりの学生が、安心して充実した学生生活を送ることができますよう、学校の活動対策とは別に、後援会として学校を支える形で活動を行ってまいります。
学生主催あるいは学生出演の演奏会への支援、音楽コンクール参加者への支援、キャリアアップを志向した各種資格取得への支援、国内外演奏会への助成などの他、防災用品の充実、カウンセラーの配置、インフルエンザ予防接種等への助成を代表として、様々な活動を行っております。

 こうした各種支援制度は、すべての学生にお渡ししました、「便利帳」に詳しく記載されております。また、後援会ホームページをリニューアルし、学生主催の演奏会情報などをより積極的に発信するとともに、「便利帳」も閲覧することが出来るようになっております。
今年度も、会員さまや学生の皆さまの発されるお声に耳を傾け、学生の皆さまが、卒業後自らの力でしっかりした社会人生活を進んでいかれるよう、より充実したキャンパスライフを過ごされるために、精一杯活動に取り組んでまいります。

 今後とも、会員の皆さまのご支援とご協力を賜りますよう、伏してよろしくお願い申し上げます。

後援会会長 井上 喜博